転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 職種辞典 > 医療・福祉系 > 治験コーディネーター(CRC)

職種辞典

10医療・福祉系

治験コーディネーター(CRC)

製薬メーカーが治療効果のある物質を開発し、新薬として販売するためには、それを厚生労働省から医薬品として承認してもらう必要があります。承認を得るために、実際にその物質を人間に投与し、有効性や安全性を確かめることを「治験」といいます。治験コーディネーター(CRC)とは、治験が行なわれる病院などの医療機関で、被験者に対しての内容説明や、治験に関する事務、スケジュール管理などを担当して、被験者と医師をサポートします。
治験コーディネーター(CRC)
必要な知識・スキル
現在、治験コーディネーターになるための特別な資格はありません。しかし、実際には医療に関わる専門性の高い仕事ですので、看護師や薬剤師、臨床検査技師などの有資格者が活躍しています。治験コーディネーターの重要度が高まるなかで、さまざまな団体が養成講座や研修を行なっており、今後、資格制度が整備されることが予想されます。
仕事の適性
被験者と医師をはじめとする多くのスタッフと関わることから、コミュニケーション能力の高い人が向いています。また、治験という責任の大きな仕事を円滑に進めるという大役を担いますから、精神的にも、肉体的にも丈夫な人が有利です。被験者の治験の経過を見守るため、気遣いのできる人、少しの変化でも敏感に感じ取れる人が理想的です。
収入の目安
人命に関わる、専門性の高い仕事になりますので、スタート時から月給25万円前後の収入が見込めます。30歳くらいで年収500万円を超えることが多いようです。

PROSEEKで、あなたが活躍できるステージを見つけよう!

会員登録はこちら

会員の方はこちら