転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 職種辞典 > クリエイティブ系 > DTPオペレーター

職種辞典

8クリエイティブ系

DTPオペレーター

DTPオペレーターとは、デザイナーやディレクターの指示に従って、チラシやパンフレット、雑誌などのデザイン、レイアウトを担当するのが仕事です。画像の加工や、文字組みの編集、印刷用データの作成が主な仕事になります。多くの作品に携わりながらレイアウトや色づかいのセンスを磨いて、デザイナーとしてデビューするのが一般的です。
DTPオペレーター
必要な知識・スキル
画像加工ソフトの「Photoshop」、描画ソフトの「Illustrator」操作スキルは必要不可欠です。さらに、雑誌やカタログなどの制作では「QuarkXPress」や「InDesgin」といった編集ソフトの操作スキルも必要になります。各種ソフトの操作スキルのほか、印刷技術などの知識が備わっていれば、現場で重宝される存在になれるでしょう。
仕事の適性
スピードと正確性が必要な仕事ですので、高い集中力が求められます。また使用するマシン(Macintoshが一般的)や各種ソフト、印刷技術など、作業環境は進化していきますので、新たな知識を柔軟に吸収していこうという意欲のある人が向いています。
収入の目安
月給18万円前後のスタートが一般的です。契約社員やアルバイトでの雇用も多く、その場合は時給1000円前後が相場になります。収入アップを目指すなら、デザイナーへのステップアップが鍵になりますが、高度なスキルを身に付ければ、スペシャリストとして厚遇される場合もあります。

PROSEEKで、あなたが活躍できるステージを見つけよう!

会員登録はこちら

会員の方はこちら