転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 職種辞典 > 店舗・サービス・技能系 > バイヤー・MD

職種辞典

7店舗・サービス・技能系

バイヤー・MD

バイヤーとは、売れ筋商品を見極め、物を買い付ける仕事です。良い商品をいかにリーズナブルな価格で買い付けるかが、腕の見せどころ。デパートや専門店の買い付け部門の社員として働くほか、フリーとなって買い付けた品物をショップに卸したり、ショップのオーナーとなってバイヤーを兼任する場合もあります。また、MD(マーチャンダイザー:Merchandiserの略)はアパレルメーカーや百貨店、量販店などに勤務して「どんな物が売れるのか」を予測し、それに沿った商品開発を行ないます。
バイヤー・MD
必要な知識・スキル
商品を見極める目と様々な人と交渉する折衝能力が必要。海外との買い付けの場合は、TOEIC800点レベルの英語力が必要です。消費者の反応を見ながら商品の品揃えや買い付けの数量を決定するなど、流通に関する知識や経験も求められます。
仕事の適性
とにかく物が好きで、よい物をより安く買うことに喜びを感じられる人に向いています。値段交渉の手腕だけでなく、買い付け先と良好な関係を築くためにも、コミュニケーション能力が必要。また、世間の流行やニーズを敏感にキャッチする感性や、冷静な分析力なども求められる仕事です。
収入の目安
年収400万〜700万円が相場のようですが、フリーのバイヤーの場合は取り扱う商品の単価や数量によって収入に幅があります。

PROSEEKで、あなたが活躍できるステージを見つけよう!

会員登録はこちら

会員の方はこちら