転職サイトは[PROSEEK]役立つ求人情報が満載

全国の求人情報満載の総合求人サイト
転職サイトPROSEEK > 転職コラム > 職種辞典 > 電気、電子、機械系 > 金型設計

職種辞典

4電気、電子、機械系

金型設計

金型設計とは、工業製品の完成図に合わせて、元となる金型を設計する仕事です。金型は、金属やプラスチック、ゴム、ガラスなどの素材を、製品の形に加工するために使用されます。ほとんどの工業製品はこの“金型”から作られているため、金型は製品の産みの親とも呼ばれています。
金型設計
必要な知識・スキル
工業高校、技術系専門学校、短大卒以上の電気・電子・機械の知識があれば、未経験からでもチャレンジできます。また、3DCADを使いこなせるスキルは必須なので、CAD利用技術者資格などを取得していると有利です。紙に描かれた図面を頭のなかで3Dで組み立てるため、物事を3次元でとらえる力が必要です。
仕事の適性
機械いじりが好きな人に向いています。特にモノづくりの根幹に関わりたいという人にはやりがいの大きい仕事だといえるでしょう。
収入の目安
年収400万〜700万円が相場のようです。スキル・経験によっては800万以上も目指せます。

PROSEEKで、あなたが活躍できるステージを見つけよう!

会員登録はこちら

会員の方はこちら